上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[HTML] エスケープ文字

HTMLの基本的な特殊文字(エスケープシーケンス)をメモ。

& ⇒ &
< ⇒ &lt;
> ⇒ &gt;
" ⇒ &quot;
' ⇒ &apos;
半角スペース ⇒ &nbsp;


他にも、色々な記号がある。
© ⇒ &copy;
® ⇒ &reg;



[Java] BigDecimal の四則演算

Javaで数値を扱う場合、プリミティブ型のint、doubleやInteger、Doubleなどのオブジェクトを
使用することが多いかと思いますが、たまに桁数が足りなかったりして演算時に丸めこまれて
しまったりしてしまう。

そんな時に、BigDecimalという型を使用することで丸め込みを回避することができる。
今回は基本的な四則演算をメモ。


public static void main(String[] args) {
BigDecimal a = new BigDecimal(20.5);
BigDecimal b = new BigDecimal(10);

BigDecimal c;

// 加算
c = a.add(b);
System.out.println(c);

// 減算
c = a.subtract(b);
System.out.println(c);

// 乗算
c = a.multiply(b);
System.out.println(c);

// 除算
c = a.divide(b);
System.out.println(c);
}


実行時にコンソールに出力される結果は以下。
----------------
30.5
10.5
205.0
2.05
----------------


[assembla][SVN] 使用容量の確認

前回、無料でSVN環境を提供してくれる、
assembla について、導入方法を記事にしましたが、
今回はその使用容量の確認方法をメモします。


確認は、assembla のサイト上で行います。
#ログインすることが必要です!!

Adminタブを選択します。

20120919_1.png


下の方へスクロールしていくと「Disk Space Usage」というのがあり、
これが使用容量のようです。

20120919_2.png


「of 1 GB」ということは、無料で使用できる容量は1GBのようです。



無料で使用できるSubversion環境「assembla」に登録

今まで、ローカルな環境でリポジトリを作成して
バージョン管理をしていたけど、ローカルで保存している
デバイスの調子が最近不調。

そこで、Subversionリポジトリ環境を提供してくれる
無料サービスを調べていたら、「assembla」という
サービスが容量もそこそこありよさそう。

ということで、使ってみることにした。

■assembla
https://www.assembla.com/home


登録手順をメモ

1.トップページから「Register」を選択する
20120915_img1.png



2.登録フォームが表示されるので、入力してRegisterボタンを押下
20120915_img2.png



3.「Create a Private Project」の「Get Started」を選択する
※「Create a Public Project」を選択した場合は公開用となるようだ
20120915_img3.png



4.プランの選択となるが、無料でSubversionのリポジトリを使用したいので、
 「Free Private Subversion Repository」を選択した
20120915_img4.png



5.リポジトリの名前や説明など適当に記載して「Create the Space」を選択
※Security の public access を許可すると公開になるのかな??
20120915_img5.png



6.これで、リポジトリの作成完了
 後は、タブを切り替えてチームメンバの追加など色々できるようです
20120915_img6.png



リポジトリができたら、Subversionのクライアントである
TortoiseSVNを使用して、色々利用ができる。





[Android] Themeを使用してアプリの背景色と文字色を統一する

アプリの各画面ごとに、背景色と文字色を設定するのは面倒だし、
メンテも不便なので、テーマを設定して一括設定で統一してみた。

試しに、
背景色:赤
文字色:青


1.「style.xml」を作成して、背景色と文字色を定義する
【style.xml】





2.「AndroidManifest.xml」で作成したstyleを読み込むようにする
<application
  android:icon="@drawable/ic_launcher"
  android:label="@string/app_name"
  android:theme="@style/AppStyle"



こんな感じになりました。
20120906.png



プロフィール

hiiro

Author:hiiro

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。